粛々と投資信託積立中: 2019年10月の記録

たび重なり過ぎな閣僚の辞任について「任命責任」と言うだけでなんら「責任」をとっていないトップがいるようですが、ご自分が「桜を見る会」にご招待した数多の方々の「功績」については、どのくらい真摯にそして丁寧な「説明責任」を果たしていただけるのか、注目しております。

以下、10月の運用実績です。

積立・保有中の銘柄についても記載しておりますが、あくまで個人的な選択です。投資は自己責任でお願いいたします。

資産クラス別の配分

構成は、株式50%、国内債券50%です。
株式クラスについては「つみたてNISA」枠を利用。債券クラスについては枠が適用外なので、ただのインデックス型の積み立てです。

2018年2月からのアセットアロケーション

積立中の銘柄

  • 楽天-楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • ニッセイ国内債券インデックスファンド

保有のみの銘柄

ソニー銀行で積み立てていたものです。

  • SMT 国内債券インデックス・オープン
  • SMT TOPIXインデックス・オープン
  • SMT 日経225インデックス・オープン
  • SMT グローバル株式インデックス・オープン
  • SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン
  • SMT 新興国株式インデックス・オープン
  • SMT J-REITインデックス・オープン
  • SMT グローバルREITインデックス・オープン
  • SMT 新興国債券インデックス・オープン

通算損益率

分けての集計です。

  • ソニー銀行: +20.6%
  • SBI証券: +4.58% (11/11確認)

保有しているだけのソニー銀行の銘柄については、どれも黒字になっていますが、特にJ-REITが予想以上に伸びている感じでした。今日はたまたま以下のような記事を目にしたりも。
「売る人」がいないJ-REIT 好循環の中、リスクはどこに? (1/4) – ITmedia ビジネスオンライン
低金利時代に、高利回りを確保したい投資家の資金が集まっているようです。

SBI証券についても、先月末とくらべるとぐぐっと価格が上がっていました。山あり谷あり。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村