月経カップ(EvaCup)の使い心地について

新しい生理用品といわれ、海外では認知度も使用率もたかまってきているという「月経カップ」。わたしは前々回の周期から使いはじめたのですが、その使い心地に関する感想です。

最初にひとことでまとめてしまうと、「最高!」な使い心地で、私には合っていました。

使用している月経カップ

現在使用しているものは、INTEGRO社がだしている「EvaCup(エヴァカップ)」の「サイズ2(ラージ)」サイズです。

EvaCup(エヴァカップ)の中身

「月経カップ」自体は、ライターの牧村朝子さんが書かれていた記事で知り、2〜3年ほど前からなんとなく気にはなっていたのですが、1個5,000円程度とそれなりの初期投資がいるものであることや、牧村さん以外の体験談を目にすることがなかったので、二の足をふんでいました。

そんななか、最近になって日本でも少しずつ広がりを見せているようで、ブログで使用体験を書かれている人を目にすることが増えてきたり、twitterのTLでふと目に入ることがでてきたりと、手に入る情報量が以前より増えてきた感があったので、エイヤッと使いはじめてみました。

この記事を書いてる時点で、先々月、先月、今月の3周期使ってます。

使用者の基本データ

使用者chiroのステータスはこんな感じです。

  • タンポンの使用経験なし
  • 経産婦(経膣分娩×2)
  • 身長は165cmオーバー
  • 生理期間は5〜7日で、2〜3日目に量が多い
  • 平日は会社での座り仕事多め

このステータスをふまえ、インテグロ社のHPにあった「サイズの選び方」を参考に、月経カップのサイズは「サイズ2(ラージ)」にしました。
サイズの選び方 | インテグロ株式会社

いまのところ、不都合なく使っています。

使い心地について

蒸れなし

はじめて使ったのがちょうど夏場だったので、まずは、装着時の快適さに感激しました!

ナプキンは付けていると蒸れが気になったり、頻繁に取り替えていてもなんだか匂ってくるような感じがしたものですが、月経カップではその不快感がZERO〜でした。
普段どおりの感覚で、まさに付けていることを忘れるほど。

漏れなし

また夜間も漏れませんでした。
ナプキンのときは、特大サイズのものをつけていても寝ているあいだに寝相の関係なのかズレたりして、下着や服が汚れのがとてつもなく憂鬱・ストレス・不愉快だったのですが、月経カップは漏れなしでした。

付け外し

付け方は、たしかにちょっとコツというか思いきりが必要でしたが、1周期のあいだで慣れました。また中でカップが開いたかなという感覚は、2周期目でわかるようになりました。

取り出しについても、私はさほど苦労せず。
押し出すような感じでカップを下げるとステムがつかめるので、本体をしっかり親指・人差し指・中指ではさみこんで空気を抜くようにして、密着を解除してから出せばOKでした。(カップをつぶして密着をしっかり解除すれば、痛くないです。最初の2〜3回まではその加減がわからず痛かった、笑)

日中の手入れ

月経カップは連続12時間装着OKですが、多い日はさすがにそこまで持たないので、日中1〜2回は取り出すことになります。

そしてそんなときは、トイレのウォシュレットを使ってお手入れしています。カップを取り出して、たまっている経血をながし、ウォシュレットの水でじゃーっと流す、また付けるという流れです。

もちろん取り出すときに手ががっつり汚れます(しっかりつぶして密着を解除するので)。なので、片手にペーパーをもってすぐに拭えるようにしておくことが必須ですが、3回くらいやれば、そこまで手間どらず始末できるようになりました。まあ人様に見せられるような格好ではないですが(笑)(最初のころは、取り出しはそこまで苦労しなかったものの、再装着のときに中であいた感じがわからなかったので、装着に失敗していないかは気になってました)

ウォシュレットが付いていないトイレの場合は、ちょっと始末がやっかいかもしれないです。そんなときは、トイレに流せるウェットティッシュやペットボトルに入れた水を持ちこむのがよいそうです。

入浴時

あとは、(子ども達と)お風呂に入るときも気が楽です。

個人的には、小さい頃に生理中だったのであろう母と一緒にお風呂に入っていて、ポツリ程度の血がたれているのを見て「ママ大丈夫!? 血がでてるよ」と言ったら、母から「女の人は月に1回血が出るんだよ」と話してもらい、「ふーん」くらいのテンションで受けとめた記憶があるので、『性教育』という点から(も)、子どもに経血を見られることへの抵抗感はさほどないのですが、
風呂あがり、体を拭いているときにうっかり油断していてお風呂マットや床に血が垂れたり、タオルに付けてしまったりすることがあるのが憂鬱の種でした。

でも月経カップでは、その心配がZERO〜。(オットがいるときは、オットに子どもをたくして、がっつりカップを取り出して洗ったりもできる)

煮沸

周期の使いはじめと使いおわりはカップを煮沸消毒する必要があり、その手間が面倒くさくないとは決していいませんが、使用中の快適さと天秤にかけるとお釣りがくるかなとおもう程度には、月経カップは個人的に合ったツールでした。

生理中にナプキンを持ち歩かなくていいのも楽ですし、買い置きを気にしなくていいのも楽です。

まとめ

わたしが使用中の「EvaCup(エヴァカップ)」を発売している「インテグロ社」は、ホームページの情報が充実しているので、生理カップってどんなもの? やサイズはどうやって選べばいいの? などの疑問にもわりと答えてくれていると思います。

また「EvaCup」や、おなじくインテグロ社が出している「スーバージェニー」以外にも、日本人女性のために開発された「ローズカップ」という月経カップもあります。

いずれもAmazonや楽天で正規店からの購入ができるので、値段と気持ちの折り合いがついたら、飛び込んでみるのも一興です。

個人的には、月経カップを使ってみて、経血量ってこんな感じなのかというのを目に見えて確認できるのも面白かったり、ナプキンでは2日目くらいにかなりドロっと流れでてくる感じがあったりしていたのが、カップに溜まったものを見ると、多いには多いけれど体感していたよりは少ないような感じがしたのも面白かったりしました。(少ないといっても、生理の経験がない人が見たら、かなりの量だとは思いますが、笑)

あとは月経カップ、日常使いにも◎でしたが、運動のときにも◎だと思いました。

最近は定期的にからだを動かすことができていないのですが、これがあれば、蒸れや擦れなど気にせずからだを動かせますし、プールもばっちこいな感じです。
(最近たまに耳にする、生理中であっても水泳を強制されるような学校や、生理中でも泳ぎたいような子達にもいいんじゃないかなと思ったりも。強制は120%ありえないと思いますが、自衛手段として)

一応、災害など水が使えなくなるような場合に備えて、生理ナプキンも常備していますが、これ以上買い足すことはないと思います。

1個5,000円程度とそれなりの値段がするので気軽に買うわけにはいきませんが、もしも、生理にまつわる、特にナプキン使いにまつわる不快感がたまらなくあるようでしたら、考えてみる価値は十分にあるかなと思います。

以上、月経カップの感想でした。