生後9ヶ月と6日。

ご飯前にお腹を空かせすぎて泣いたり、
ご飯中に何かが気に食わなくなってハンストしたり、
食べ終わってから、まだ何か物足りない…という感じで泣いたり。

ご飯刻は、準備も含め毎日戦いですが、嬉しいことに、食べる量はだいぶ増えてきました。(お昼を保育園で食べるようになったので,何気にもうしっかり3食+オヤツが定着)

写真は、そんなある日の離乳食(たしか休日のお昼)です。
生後9ヶ月の離乳食

内容は、

  • ツナと野菜のおかゆ
  • パン粥少々
  • ミカン

でした。

パン粥は、この後から泊まりで出かける予定があったので、朝の残りを食べ切ってもらいました。

お粥,野菜,タンパク質と彩りよくしてあげられればいいのですが,普段は,ほんとこんな感じで全部混ぜ(もしくは,3つのうちのどれか2つは混ぜる)です。

ミカンは,2〜3房ほど。意外とミカンは好きなようです。口に持って行くと,ア〜ンとします。

食事中に泣かれることはまだまだありますが、
その一方で、お気に召した献立のときは、ニヤニヤ笑いながらバンザイ風に手を上げたり、拍手のように手をパチパチする行動もするようにも。

美味しいアピール、可愛いです。

しかし、離乳食進んでくると、パンチのある「大」になりますね。
特に、臭い…(笑)

息子には、早く自力で後始末まで出来るようになっていただきたいです。