Amazonプライムビデオでふと目に留まって観てみた『ピースオブケイク』。不思議な勢いがあって面白い映画でした。

  • 出演:多部未華子、綾野剛、松坂桃李、木村綾乃など
  • 監督:田口トモロヲ

人気漫画の映画化作品です。
恋に恋しているというか、恋をしなきゃという思いが強いけれど、どうにも自己肯定感が低くて、なんとなく雰囲気に流されてしまう傾向がある主人公が、失恋して(まあ、別れてよかった相手)、引っ越して、隣に住んでいた男性(新しいバイト先の店長)に一目ぼれして、そこからゴタゴタやりながら、恋愛と同時に自分も見えてくるようになる、というようなお話です。

主人公演じる多部ちゃん。私のなかの彼女は、『山田太郎物語』や『鹿男あおによし』のイメージ(あとはリハウスか)でしたが、そのイメージにとどまらない、いろいろな顔の多部ちゃんを見せてくれました。猛烈に輝いてみえたというか、魅力があますことなく映っていたというか。表情も目まぐるしく変わるし、躍動感があって、素晴らしかったです。

描かれている恋愛模様も、「今度こそ失敗しない、慎重に慎重に」と思いつつも、「でも、だって好きなんだもーん」という勢いに突き動かされてしまう主人公が、見ていて愛おしくなりました。

植物をいつも枯らしてしまっていた彼女が、枯らさずに育てられるようになっていたエピソードなども、周囲に依存してしまい自分が見えていなかった彼女の成長を表しているようで、ちょっとしたシーンなのですが印象に残っています。

また「話しあうべき話をしていなかったの」という台詞も何度か出てくるのですが、その話すのが難しいんだよなとか、どこまで話すべきなのかとか。それは人間関係の永遠の課題ですね。

また最初は経済的にも危うい感じだった彼女が、最後には経済的基盤も持った状態になっており、そんなところも見ていて安心しました(笑)

主人公、良くも悪くもモテモテなのですが、最初の失恋後に彼女に惚れる男は、(まあいい思いをしているヤツもいましたが)優しいなと思いながら見てました。

多部ちゃん以外のキャストも皆さんがイキイキして演じられているように見えて、監督も俳優さんだから、どこかしら通じるところがあるのかな? とも思ったり。
菅田将暉さんに柄本佑さん、峯田和伸さんなど、脇を固める俳優陣も豪華でした。

あとはラストシーン。もう本当にいろいろあったし、文句も不満も不信も山ほどあるけど、でもやっぱり好きなんだもーーーん! という感じが、個人的にはいいね! となった映画でした。

▼ Amazon Prime会員は、現在無料で観られます。多部ちゃんのファッションショー的要素もあり眼福。