Zoteroの文献ファイルをこれまではNextcloudに保存していたのですが、Dropboxに変更することにしたので、Zotero側での設定の変更箇所をまとめました。

これまでレンタルサーバーの「エックスサーバー」にオープンソフトウェアで自前のクラウドサービスを用意できる「Nextcloud」をインストールし、仕事用にも一部使っていました。

ネットで調べればわかるけれどいちいち調べるのが手間な資料を置いたり、仕事で使う文献資料を「Zotero」というこちらもフリーの文献管理ソフトで管理しているので、そのPDFファイルを「Nextcloud」に入れて参照したりしてました。

その環境で、かれこれ3年弱ほどは便利に使ってきたのですが、もろもろ考えるところがあり、エックスサーバーを解約してDropboxに課金することにしたので、Zoteroの文献ファイルを放り込んでいたNextcloud内のデータもDropboxに移動させることになりました。

文献は「ZoteroPaper」という名前を付けたフォルダに格納しており、格納場所を「Nextcloud/ZoteroPaper」から「Dropbox/ZoteroPaper」に変えたため、Zoteroでの設定も変更しないとPDFを開こうとした際に以下のようなエラーメッセージが出て開けません。

▼ ファイルがないよ、とエラーが出る状態 zoteroでPDFが見つかりませんとのエラーメッセージ表示

それを解消します。

久しぶりの環境変更でどうするのか思い出すのに手間ったので、以下、備忘録です。

用意するもの

環境はMacOSです(Windowsでも変更箇所は同様なはず)

+αで必要になるのは、「ZotFile」というプラグインです。

設定の変更箇所

  1. Zotero本体の環境設定から、「Advanced → Files and Folders」の「Base direcotry」をDropboxに移動させた格納フォルダに変更する

    zoteroの環境設定でBase directoryを変更する
  2. 「Tools → ZotFile」からZotFileの環境設定を開き、「Location of Files」の「Custom Location」をDropbox内のPDF格納フォルダに変更する

    zoteroのBase directoryの環境設定の変更箇所1

これで「/Dropbox/ZoteroPaper」前の部分が使うPCにより異なっていても、これまでと同様にPDFを開けます。

文献管理ソフトはこれまで「EndNote」や「Readcube」や「Mendeley」などなど色々使ってきましたが、現在は「Zotero」に落ち着いています。(無料で軽く、Notes機能も便利なので)