77回目の終戦記念日に思うことをつらつらと。

私は昭和生まれなので、子どもの頃は戦争体験者が身近にまだゴロゴロいました。

祖父母も従軍や学徒動員を経験した世代ですし、夏休みの宿題で祖父母に当時のことを聞くというものもありました。聞いた当時は理解できていませんでしたが、大人になってから改めて祖父の数奇な運命を改めて聞く機会もありました。

また教職員にも(教頭や校長レベルの人達ですが)戦争を経験した世代の方が残っていたこともあり、授業で触れられたり、図書室に『はだしのゲン』など戦争を題材とした漫画や本が多く置かれていました。小学生のころに読んだ本で、植民地での日本語教育や創氏改名などの話を知りましたし、キリスト教徒が白い目で見られた話や、飼い犬を徴収された話や、疎開先で胃薬が貴重なオヤツ代わりとされた話なんかも。

なので、「戦争」というものに対して、実際に経験したことはなくとも、生々しい肌感覚というものを持つことができた世代だったとも思います。
夏に『二十四の瞳』や『少年時代』といったドラマが放送されていた記憶もありますし。

けれど、時間とともにそのような生々しさは失われていき、物語として様式化されたものや被害者的視点だけからの語りも増えてきたように思います。

今年もまた政府関係者による靖国参拝のニュースが流れてきましたが、個人的には、A級戦犯が合祀されている神社に政府関係者が臆面もなく参拝することは控えるべきと考える立場です。人を神として祀る行為は宗教として比較的珍しいものではないかと思いますが、例えるなら、ヒットラーやムッソリーニやスターリンなどを崇拝する施設をその国の政府関係者が訪れ、彼らに敬意を払う姿勢を見せるようなものでしょう。

そして、一億総懺悔という形でうやむやにされた戦争責任の所在や、ここのところ国会議員などが臆面もなく口にするようになった侵略戦争の正当化や従軍慰安婦の否定についても歯がゆさを感じます。

歴史修正する人たちは、戦争に巻き込まれたそれらの人々を自分と同じ人間と考えることができず、もしも自分だったら身近な人だったらと想像する力すらないのでしょう。

人はどこまでも残酷になれるし、極限状態で人は人であることが難しくなる。

その事実を子ども達も理解し、そのような状況に立たされたらということを想像できるようになってほしいし、国籍など関係なくどの人も自分と同じ人間であるという当たり前のことを当たり前のことと感じる人になってほしいと思います。