38w2d 出産レポート【二人目】

母子ともに元気に退院し、家族4人での生活がはじまりました。

38w2d 産まれました【二人目】 | 日なたの縁台

GWの連休前でオットもいて、新生活をはじめるには本当にうってつけなわけですが、その一方で、こんなに天気がよいのに外に出られないというのは、うずうずします。

とはいえ、さっそく昼夜を問わない休みなしの授乳で寝不足状態、抱っこつづきで腰痛も出つつあるので、無理は禁物ですね。息子のほうはオットが公園などに連れ出したりしてくれているので、私は娘とのおこもり生活に専念したいと思います。

以下、入院中にぽつぽつ書きとめておいた出産レポートです。進みが思っていた以上に早かったので、時間は大体です。

出産前々日(38w0d)

おしるしらしきものが出る。ただ、前日に内診があったので、そのせいもあるかもしれない?とも思いつつ。でも一応オットにもここ数日で産まれるかもしれないよ、とは伝えておく。

出産当日(38w2d)

4:00頃 鈍い痛みでふと目が覚める、軽い生理痛のような痛み

6:00頃 うとうとしつつ、陣痛チェッカーで間隔を記録。3~8分くらいで不規則に痛みがきているが、生理痛くらいの痛みレベルなので前駆陣痛かなと様子見していた。が、お手洗いにいったところ、小さじ1杯分くらいの鮮血が。そして、それをきっかけに痛みが少し増してきたので、産院に電話。様子を伝えたところ「とりあえず、来てもらおうかな」ということで、産院へ行くことに。

7:00 まだ寝ていた息子も無理やり起こし、夫の運転で産院へ向かう。

7:10 到着後、NSTと助産師さんの内診。子宮口は4センチくらいとのこと。心音も元気。張りも弱めではあるものの規則的に来ているので、陣痛認定おりる。ただ、自分でも感じているように、強度はまだまだ。

7:30 オットは息子を保育園へ送るため、いったん帰宅。

8:00 ひとまずNSTを外し、陣痛室から部屋へ移動。そこから1時間ほど、まだまだ5〜6割くらいかなという強度の陣痛に耐える。

9:00頃 先生が内診するとのことで、分娩室へ移動。陣痛が来ていないときは雑談をして笑う余裕もあり、助産師さんたちから「まだかかりそうだね」と言われる。が、しかし、ここからが早かった!
その時点で、子宮口7cmくらい。内診で、「陣痛がまだ弱めだね」と先生が卵膜(?)も刺激したらしく、破水。すると途端に、強度MAXの陣痛が怒涛のように押し寄せはじめた…。
そのとき、もう一人陣痛中の妊婦さんがおり、「はい、内診交代」ということで、もとの部屋へ案内されるが、もうその時点で歩くのがやっと。「とりあえず、そのまま待っててね」と言われ、助産師さんはバタバタと去っていった。

9:10頃 しかし、もう腰をさすってくれる人がいないと、うめいてのたうち回るレベルの痛さに…。耐えきれず、速攻でナースコール。

9:15頃 まだ戻ってきていなかったオットにも「破水」とだけメールを送る。その2文字を打つので、精一杯。

9:20頃 様子を見にきてくれた助産師さんに、「あ、これはもう分娩室に移動しよう」と言われる。猛烈な痛みのなかで「ほんとに!?」とこちらが思うほどの急展開。

9:25 陣痛の合間をぬいながらうめきつつ分娩台に登り、また陣痛の合間合間に、「はい、ここに足おいてね」「はい、腰もっとあげられるかな?」「はい、もう1回腰をあげて」など、分娩のしたくを整える助産師さん達の指示にうめきつつ応える。
「点滴入れるの間に合うかな」という助産師さんの声も聞こえた(笑)(間に合いました)

9:30 もうこらえようと思っても、ひっきりなしに「うううぐぐ…」とうめき声が出てしまう状態。オットは立ち合い希望だったので、「旦那さん、戻ってくるの間に合うかな?」と助産師さんたちから心配の声が。「電話かけられるかな?」と助産師さんにスマホを渡されるが、もうろくに返事もできない。

9:33 ハアハア言いつつ、オットに電話。そのときオットは、メールを見て産院へ向かっての運転中だったが、Bluetooth接続しており応答できたとのこと。フーフーハアハア言いながら「もう、分娩台」とだけ伝える。オットはあと数分で着くとのこと。(あとで聞いたところ、私が通話を切るだろうと思い、なにも操作せずにいたら、私にはもうそんな余裕すらなかったので、その後しばらく「フーフーフーフー」という荒い息遣いが車内に響いていたとのこと)
この頃から、「もういきみたくなったら、いきんでいいよ」と言われる。前回の出産とは進むスピードが違いすぎて、半信半疑ながらも、なんだかもう自然といきんでいた。

9:40頃(?) 術衣をまとったオットが分娩室に到着。そのときはもう頭が見え始めていたかも?とにかくもう体が感じるままに、いきみたくなったらいきんでいた。股というより、肛門ちかくに巨大な塊が移動してくる感覚(笑)

9:50頃 4〜5回いきんできたところで、「はい、もういきまないで!」「次の陣痛で自然に出すから」と言われる。でもなかなか力を抜くことができず、もう一人横に付いてくれていた助産師さんが腕をたたきながら「はい、ふーふーふー」と呼吸のリズムを取りつつコントロールしてくれ、なんとかかんとかブレーキをかける。

9:53 無事誕生!私の第一声は「あ〜、すっきりした」でした。

その後、希望通りカンガルーケアなどをさせてもらい(足にモニタを付けられていました)、2時間ほど休憩。傷も少しだけだったし、出血もとても少なかったとのことで、前回の出産とくらべると体に余裕が残っていました。

▼ 一人目のときの体験談はこちら

まとめ

以上、こんな感じの出産でした。

娘の出生体重は息子と400gほどしか違わなかったのですが、はじめて腕に抱いたときは「軽っ!」と感じました。息子の育児で順調に筋肉が鍛えられていたんですかね。

いまは母乳分泌を軌道にのせるため、せっせと授乳中ですが、哺乳びんの方が楽に飲めると学んでいるのか、あまりに回数を重ねるとぺっとされます。嫌われるのが早いか、出るようになる方が早いか、戦いです。

▼ 関連記事:妊娠中の記録
妊娠2ヶ月のまとめ【二人目】
妊娠3ヶ月のまとめ【二人目】
妊娠4ヶ月のまとめ【二人目】
妊娠5ヶ月のまとめ【二人目】
妊娠6ヶ月のまとめ【二人目】
妊娠7ヶ月のまとめ【二人目】
妊娠8ヶ月のまとめ【二人目】
妊娠9ヶ月のまとめ【二人目】
妊娠10ヶ月のまとめ【二人目】

▼ 妊婦健診の記録
妊婦健診の全記録【二人目】