今年の2月末ころからやり始めたDuolingoの韓国語コース、最後まで終わりました。

Duolingo(デュオリンゴ)」は色々な言語を学ぶことができる語学学習アプリで、その中の韓国語コースに取り組んでいました。毎日少しずつ進めて7ヶ月ほどかけてついに最後まで到達!

アプリのUIが、単語のヒント出しや繰り返しの頻度や答えの選択など、初学者向けに本当〜によ〜く出来ていて。途中で投げ出すことなく出来ました。楽しかったです。

▼ コース終了記念にもらえた画像 Duolingo韓国語コース トロフィ記念画像

次の目標

一通り終わったところですが、いまは、やっている途中にアップデートで新しく追加された「レジェンドレベル」に全項目を到達させることを目標にDuolingoを続けてます。

▼ レジェンドレベルになると、アイコンが紫色に変わる Duolingo レジェンドレベル

「レジェンドレベル」の問題に取り組むためにはDuolingo内のポイント(ジェム)が必要なので、2週間だけ集中的に「plusコース」の無料体験を利用するのもありかなと、いまは手持ちのジェムを取り崩しながら考え中。問題をやることでもらえるジェム < レジェンドレベルに取り組むために必要なジェム なので。

そしてそれが終わったら、あるいは同時進行でもいいので、韓国語の参考書を1冊買って、しっかりそれをやってみるのもいいかなとも考えていたり。

Duolingoの語学学習は、特に文法の説明はなく、提示される文章を読んだり聞いたりしながら、これはこういうときに使われる単語なのかな? 語形変化なのかな? 言い回しなのかな? と手探りで進んでいく形だったので、体系だった知識は0の状態です。

なので、いま何となくの最低限の知識が身についたところで、網羅的に文法に触れたらより理解しやすいかなと。

ただ過程が楽しい

そんなわけで、いま韓国語をちょこっとずつ勉強しているのですが、「旅行に行ったときに話したい」とか「韓国語ドラマを字幕なしで見られるようになりたい」といった夢や希望や目標が特にあるわけではなく、、、ただただ自分が知らなかったものを知る・学ぶこと自体が楽しくてやっています。

逆に大きな目標がないので、縛られることなくゆる〜く楽しめているのかなとも。

だいぶ昔、それこそもう10年ほど前に、話題になっていた「ストレングス・ファインダー」の本を買って診断テストを受けてみたことがあります。いまは「2.0」が付いているので、なにかがアップデートされたのかな。
そして上位5項目の資質の診断結果からは、「目標志向性」的なものがあまりなくて「学習」過程そのものを楽しむ傾向ありという姿が浮かび上がっていました。

▼ 「ストレングス・ファインダー」の上位5項目を知ることができる本

当時はそんな診断結果がいまいちピンと来なかったんですが、今こうして、ただ新しいことを知る・学ぶことにウキウキワクククしている自分に気づくと、あの結果はあながち的はずれってわけでもなかったんだなと、今更ながら感じたり。

このブログも、FC2ブログ時代はHTMLやCSSだったり、独自ドメイン+レンタルサーバーにしてからはWordPressだったり、Hugoだったりと、そういった技術や知識を知ることが楽しくてやってきた側面もありますし。

毎日ちまちまDuolingoをやっていたら夫から「韓国語検定とか受けるの?」とか「なにか目標があるの?」などと聞かれ、「いや、別に」「ただ楽しいから」と答えたことをきっかけに、そんなことを思い出したり、思ったりなどしました。

うん、ただなんか楽しいんです。

「ストレングス・ファインダー」の結果を意識することで、自分の中のそういった資質をより強く意識して強化してしまうこともあるかもしれないですが、自分でも自分のことって案外わかってなかったりするので、34項目のすべての資質の順位を出してくれるテストの方も、改めてちょっと気になってます。

▼ いまは「クリフトンストレングス」と呼んでいるのかな。コストもそこまで高くない。
クリフトンストレングス・テストのオプションを比較する | JA - ギャラップ

とりあえず、「今日はいい天気ですね」は言えないですが、「私いまめっちゃダルいです」は韓国語で言えるようになりました(笑)Duolingoの例文の偏りというか面白さのせい!?

▼ Duolingoで韓国語コースを始めたときの記録