家族そろって、第7波に倒れた8月。前半は強制STAY HOMEしてました。

後半は、その反動で、週末には連日お出かけしてました。

目次

新型コロナ罹患記録

ついに入り込まれてしまいました。幸いにも全員軽症でしたが、それでも大人は喉の痛みがひどかったです。

また療養期間後はだいぶ体力が落ちていたので、無理せずゆるゆると日常に戻っていった感じです。(アラフォー、療養期間が短縮される前でよかった…)

夏休み直前まで、小学校で学年閉鎖や学級閉鎖などが起こっていた中なんとか持ちこたえていたのですが、保育園の方からやってきてしまいました。

いつの間にやら保護者の就労継続支援(?)のため、小学校や幼保園では濃厚接触者の調査はされず、登校・登園の自粛要請も行わなくてよいとの運用になっています。で、そのように運用に変わったタイミングで保育園の方でも感染拡大しつつあり…。これは…かなりヤバイ状況…と思っていたところで、夜になって下の子が急に発熱。

はい、これはほぼ確定ですね…。

ということで、翌日小児科で診察。抗原検査では陰性(ほんと、日本の抗原検査推しは何なんだ)でしたが、PCR検査の方で陽性との連絡を翌日受けました。

あとは家庭内感染を防ぎたかったところですが、まだまだ一人でいるのは難しいし、マスクも苦手な5歳児。1〜2日間は熱もそれなりに上がり(39度前半)体調が辛かったこともあってか、私にべったり。結果、私も即感染しました。

熱を持ったようなこれまで経験したことのない喉の痛みと発熱に、これはもう100%感染したなと。
ただ抗原検査キットではやはり症状が出た翌日の午後になってようやく陽性判定。
喉も食べ物が飲み込めないほどではなかったですが、飲み込むのは結構辛い…という程度には痛かったです。熱は38度前半止まりでしたが、3日ほどは下がりきらず。龍角散のど飴と解熱剤とペラックにお世話になってました。

で、私とほぼ同時に上の子も発熱。ただ発熱は1日だけで、すぐいつもの調子に戻ってました。

そして最後に症状が出たのが夫。私の症状が収まるのと入れ違いという形だったので、なんとか生活が回りました。全員食欲はさほど落ちなかったので、おさんどん係が必要だった。

そんなこんなで、お盆辺りまでお家で引きこもりの夏でした。(電気代がやばかった…)

新型コロナは、軽症で済んでも身体にダメージが残る人もいるといった研究報告も出てきていたりするので、できれば罹りたくなかったのですが、罹ってしまったものは仕方ないですね。

でも、検査体制や療養体制も2年以上経っているのに充分に整備されないまま、ぬるっと規制緩和されていく日本の状況にはモヤモヤが募ります。

潜在的なリスクを持っている方もいらっしゃれば、長期的な身体への影響も充分にわかっていない中、大多数は(医学的には)軽症で済むからもういいじゃん感染対策はどんどん緩和しちゃおう的な考え方には、やはり賛同できないのですよね。(第7波で感染者が大幅に増大した結果、死亡者数も相対的に増加しましたし)

後半は怒涛のお出かけ

前半は外に出かけられなかった分、8月後半は土日どんどん出かけてました。病み上がりにはきつかったですが、体力回復も兼ねて。

動物園に行ったり、子ども向けのイベントに行ってみたり、虫取りに行ったり、ショッピングしたり。

美味しいご飯もたくさん食べた結果、体重が2kgほど増えました…。加齢の影響か、これまでと違って多少摂生した程度ではすぐ元に戻せないのが悲しい。

子ども達のこと

新型コロナ感染してからの療養期間は、これ幸いとTVを見まくっておりました。ポケモンとプリキュアとたまに違うもののリピート再生。よく飽きないなと逆に感心してしまうほどでした。

後半はすみやかに元の生活リズムへ。
上の子は学童+公文+スイミング、下の子は保育園+スイミング生活を送ってました。

子ども達は喉の痛みもなく、咳も下の子が少ししたかな程度で、外から見ている分には特に影響は残ってなさそうでした。

自分のこと

8月はもともとB’zのライブに行く予定があり、療養期間的には行けるけれど体力的に不安…と思っていたら、まさかの稲葉さんも感染→公演延期ということとなり、11月に仕切り直し。(何事もありませんように!)

療養期間が明けてからもしばらくは喉の痛みが残っており、引き続き龍角散のど飴をなめてました。

それ以外は私自身もほぼいつも通りの生活を。

ただやはり体力の衰えというか、いままでより疲れやすい感じのようなものがあり、とにかく無理はしない!をモットーに動いてました。(療養明けに無理することで後遺症が出やすくなるかもといった話も聞いたので)

そんな訳で、8月は新型コロナに翻弄された一ヶ月でした。

身近でも罹ったことのある人が増えていますが、罹らずに済むならそれに越したことはないと思うので、まだ罹らずに済んでいる方はどうぞそのままご無事で!という気持ちです。