新年を迎えてしまう前に、クリスマスの記録を!

今年のわが家は、カレンダーとの兼ね合いで12/24の朝にサンタが来ました。
4歳息子は本人の希望にもとづきプレゼント、1歳娘には親があげたいものをプレゼントしました。

4歳息子には「LaQ(ラキュー)」

欲しいものは「サンタさんにお手紙書かないとね」ということで教えてもらいました。

はじめは、たまたま手にしたチラシに出ていた「仮面ライダーのベルトが欲しい」と言ったりもしていたのですが、「長〜く、大事に使えるものがいいと思うよ」 と路線変更させていただき(笑)、かねがね欲しいと言っていた「LaQ」になりました。

オモチャはやはりAmazonが安いので、Amazonにて手配。パーツがたくさん入っている「ボーナスセット」にしました。

24日朝にサンタさん来たかな? とわくわく顔でリビングに向かい、見つけて大喜び。24日は買い物以外は外に遊びにいこうとも言わず、LaQ(と妹へのクリスマスプレゼント)でずっと遊んでいました。

保育園にもLaQがあるそうで、これまでに「これ作ったんだよ、あれ作ったんだよ」とお話してくれていたものを、実際に作ってくれました。

1つ1つのパーツは小さいのですが、箱からガサゴソお目当てのものを探しては、パチパチ組み立てています。大好きなヘラクレスオオカブトやクワガタは、本人いわく、設計図なしのオリジナルだそうです!?

▼ ヘラクレスオオカブト。二股の角もしっかり再現
LaQでヘラクレスオオカブト

▼ クワガタ
LaQでクワガタ

▼ クリスマスなので「そり」
LaQで橇(そり)

片付けは、買ったときに入っていた箱をそのまま使っているのですが、入れ替えも検討中です。

LaQの箱

1歳娘には「スカリーノ(Scalino)の積木セット」

“お兄ちゃんと同じことをやりたい!” という傾向が顕著になってきた娘には、息子も一緒に楽しめるものにしました。娘専用ではなく、二人で使う前提で。(LaQも娘が大きくなれば使うだろうし)

似たような内容でもっとお安いもののもあるのですが、「長く使う(使える)ものだから」「二人で使うものだから」ということで、奮発!

似たものとしては、下記の「HABA社のクーゲルバーン」があるのですが、「スカリーノ社」の製品の方が、傾斜がゆるやかで、ビー玉が転がるスピードが少し遅めとのレビュー(座談会?)を見たので、1歳の娘も使うとなると、その方が目で見て楽しめたりするかな? と思い、「スカリーノ」を買うことにしました。

あとは積木界隈では(おそらく)有名な、「小さな大工さん」@楽天市場 も気になっていたのですが、そもそもの動き出しが遅くて、クリスマスまでには発送が間に合いそうになかったので、諦めました(苦笑)。

▼ 4cm 基尺のビー玉ころがしレールセット

今回プレゼントした「スカリーノの積木」も4cm基尺なので、積木を増やしたくなったときは、クリスマスか誕生日にこのセットを買うのもありかな? とは密かに目星を付けたりはしています。面取りが最低限で木同士がピタッとくる感じがいいなと。

▼ 4cm 基尺の積木ブロックセット

大作をとると家のなかの諸々写りこんでしまうので小作品ですが(笑)、こんな感じで他の手持ちのオモチャと組み合わせたりもして遊んでいます。

▼ 豆イスも使って
スカリーノの積木で遊ぶ

大人もやってて楽しいです。

以上、今年のクリスマスプレゼントでした。

子どもたちの食いつきも上々で、プレゼントした甲斐がありました。 そして大人へのサンタはお互いうやむやになっているので、なにか欲しいものが出てきたときに「クリスマスプレゼントということで」方式になりそうです(笑)