先日、娘のお宮参りに行き、スタジオアリスで記念写真を撮ってきました。

ただスタジオアリスでは手頃なサイズのアルバム販売がなかったため、アルバムは自宅用分のみ購入し、両親&祖母へのプレゼント分は、購入した画像データを使って自分たちで用意することに。

プレゼント用なので、これは言うなれば、「勝負アルバム」!

しっかりした造りのものにしようと思い、ネットの口コミを参考に、A4サイズのハードカバータイプの銀塩プリントフォトブックを手がけている「フジフォト1」で作ってみました。

銀塩式プリントで作る、高級フォトアルバムなら「フジフォトアルバム」


目次

商品到着:納期や仕上がり具合

納期は2週間ほどと書かれていましたが、注文から待つこと10日。

無事手元に届きました。

表紙
▲ 表紙もかなり自由にデザインできます

仕上がりは期待していた通りで、銀塩プリントならではの質感でした。ページ1枚1枚も厚みがあり、プレゼントにふさわしい「ハレの日」感も十分。また製本もしっかりしているため、これなら子ども達にも手荒に扱われても(もちろん限度はありますが、笑)大丈夫そうです。

フジフォトアルバムを開いたところ
▲ 完全見開きにできるので、A3サイズのショットも入れました

フジフォトアルバムの厚み
▲ 12ページでは、閉じたときの厚みは1cmくらい

デザインの自由度もかなり高いのですが、素人なので冒険はせず(というか、出来ず)、ごくごくシンプルな感じで作りました。

▼ 編集の流れやポイントなどは、別途こちらに

パソコンから編集する必要があるので、スマホで手早くぱぱっと作りたいという方には不向きですが、とても素敵に仕上がったので、個人的には、また利用してみたいと思っています。(次回は七五三!?)

プレゼントとして渡すのが楽しみです。

フジフォトアルバムを選んだ理由

あとは蛇足ですが、今回、フォトブックを「フジフォト」に注文してみた理由を、ずらずら書いてみました。

人物向きの銀塩プリント

最近は印刷機の性能もかなり高いので、「インクジェット」を選ぶか「銀塩」を選ぶかは、もう好みの問題のようですが、銀塩プリントは、インクジェット式とくらべると輪郭が柔らかく、人物写真向き(との意見もある)ことから、銀塩プリントのフォトブックにが作れる「フジフォト」に注文してみました。

インクジェットとは、家庭のプリンターにも普及しているもので、紙の上にインクを吹きつけて印刷する方式のもの。一方、銀塩は、フィルムで撮影した写真を現像するときのやり方で、印画紙に含まれるハロゲン化銀に光を照射することで像を浮かび上がらせる方式のもの。
参考: キヤノン:技術のご紹介 | サイエンスラボ 写真

4つ切りや6つ切りなど、写真館で撮ってもらう特別感のある写真が、いわゆる銀塩写真。水に濡れても、インクジェット写真のようにインクが流れ落ちてしまわないので、長持ちする写真とも言われているそうです。

料金設定がやや低め

今回は、「A4サイズ・12ページで」注文し、料金は1冊2,980円でした。

A4サイズの銀塩フォトブックで、他社サービスと較べてみると、少し安いです。

▼ 料金表から比較できる「24ページ」で合わせてみた場合の価格表です

サービス名 値段 備考
フジフォトアルバム 4,480円 ページ数は、8,12,24,36,48から選択可能
FUJI FILM フォトブック ハードカバー 4,690円 ページ数は、16,20,24,32,40,48から選択可能
vivipri 銀塩フォトブック 6,600円 最低16ページから、以下1ページごとに追加料金

ただ、1オーダーにつき送料が900円かかるので、そこは他社と較べるとやや高です(他2社は、HPを見たところ、540円)。今回は自宅用も含めて1度に5冊頼んだので、送料は気にせず注文しました。

また、有名アフィリエイトサイト「A8.net」のセルフバック対象企業なので、そちらを経由することで、注文金額の9.5%が還元されました。

▼ A4判以外にも、スクエアタイプやB5判のサイズ展開があります。
フジフォトアルバムの仕様と価格

専用ソフトのダウンロードが不要

Web上だけで編集作業が完結するので、作成が楽でした。

スタンプやデコ機能は付いていませんが、シンプルで、細かな調整もスムーズにでき、Photoshopのデータも利用できます。(※ただし、要Adobe Flash Player)

さらに、今回注文してみて画期的というか素晴らしい! と思ったのが、注文時に会員登録をする必要がないという点。

注文確定時にはもちろん氏名・住所等を入力しますが、ログインIDの設定やパスワードの設定などをする必要がなかったのが、個人的に好印象でした。(頻繁に使うサービスではないと、「えっと、なににしたっけ?」 となることが多いので)

編集中のフォトブックのデータは、ファイル形式(拡張子.fpa)でローカルに保存し、また編集したいときは、そのファイルから内容を復元するという方式です。

企業の販促という面では会員情報をためておけないというのは、不利に働くこともあるかもしれませんが、会員登録不要システムは、これからも維持してもらえたら嬉しいなと、誠に勝手ながら思っています。

口コミの評価も高い

ホームページの見た目が古式ゆかしいというか、ちょっと古い感じなのですが、利用された方の評価は、ネットの口コミでは高かったです。

私も、デザインの自由さだけでなく、注文するにあたって、会員登録不要・専用ソフトのダウンロード不要という点だけでも、かなりの高評価でした!

以上、わが家のフジフォトアルバム体験記でした。


銀塩式プリントで作る、高級フォトアルバムなら「フジフォトアルバム」


  • 名前が少々まぎらわしいのですが、「フジフォト」は静岡県富士市にある会社で、「FUJI FILM(フジフィルム)」が提供しているフォトブックサービスとは異なります。