トイレトレーニングシリーズ(?)がこれで第6弾になることに驚いています。

▼ これまでのトイレトレーニングの歩み
家のトイレで、はじめて「小」に成功!
トイレで「大」成功!
トイレで自己申告「大」成功!
自己申告「小」に成功
昼のオムツ外しは、まだ道半ば

蒸し暑い日が増えてきましたね、わが家では下の娘の汗疹対策のため、6月にして冷房が稼働し始めました。本格的な夏の到来がおそろしいです。

さて、3歳4ヶ月になる息子、ようやく目標にしていた昼オムツ卒業!が手に届くところまで来たようです。

これまで、「大」は自己申告の上失敗なしだったのですが、「小」の方は、自己申告あまりせずの失敗多めでした。

ですが6月に入ってから、「小」の間隔がようやく3時間は空くようになってきたのとともに、感覚もつかめてきたようで、自分からトイレに行けるようになってきました。

そして、ここ1週間は保育園でも家でも失敗せずに過ごせています。

トイレトレーニングを始めてしばらくは、私が妊娠中で息子を抱き上げるのがしんどかったこともあり、カリブの補助便座を使っていたのですが、「小」による飛び跳ね散らかしも増えてきたので(苦笑)、今月から補助便座も卒業しました。

最近は、息子の「おトイレ」の言葉を合図に一緒にトイレにかけこみ、抱き上げて座らせています。体が大きくなってきたからか、抱き上げた後は、ひとりで座れるようになりました。

保育園の先生からも、「7月からのプールはみんなと一緒に入れそうですね」との言葉をいただき、なんとかギリギリ間に合ったかなと一安心。

息子も「おトイレでおしっこできないと、みんなと一緒にプール入れないもんね」と言いながら頑張っていたので、喜ばしいかぎり。

いまはまだお昼寝のときはオムツに履きかえ、また夜もオムツに履きかえていますが、次は「昼寝中のオムツ卒業」を目標にトイレトレーニングを進めていこうと思います。

防水シーツとかを用意すればよいのかな。でも、寝相が縦横無尽すぎて、1枚でカバーできる気がしません。

それではまた、chiroでした。